FC2ブログ
   
05
2
5
11
20
23
25
26
28
30
31
   

潮干狩り・・・抜粋

千葉に帰ってきて・・・
ママの不安をよそに
誘われ公園へ行ってしまった子供たち。

その次は、サラを潮干狩りに誘ってる・・・。
安全な訳が無い!
取ってきても、食べられる訳が無い!

調べました調べました・・・
やっぱり・・・行かせる訳にはいきません。
止めます!
一応、サラは納得してくれました。

こんなことが、これから、何かとあるかと想うと
ブルーです。


抜粋した文章を載せてみます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
千葉の潮干狩り 安全軽視で被曝拡大のおそれ 知事は猛アピール
2011年5月2日 20時00分 Genpa2 News

義援金と森田知事を利用した集客キャンペーン

 採取したアサリから放射性セシウムが検出された千葉県木更津市の金田漁港が、「潮干狩りで東北地方を応援しよう」と称するキャンペーンを展開し、ゴールデンウィーク中の潮干狩り客の誘致に躍起になっている。

 潮干狩り料金は大人1400円、小学生まで700円。この中から大人100円、小学生まで50円を義援金にするとし、「潮干狩りに来れば被災地にも貢献できる一石二鳥の企画」(関係者)と豪語する。しかし、どの組織を通じて義援金を寄付するかなどについては公開していない。

 金田漁港は、金田海岸、金田見立海岸の両海岸で潮干狩り場を運営。当地を訪れる観光客は毎年約8万人で、大半は潮干狩りシーズンのゴールデンウィーク中に集中している。4月2日に潮干狩り場が開場したが、入場者は「去年の1割から2割程度」(漁協関係者)に落ち込んでおり、客足は途絶えている。

 この苦境を打開しようと森田健作(本名・鈴木栄治)千葉県知事は5月2日、Tシャツに短パン姿で金田潮干狩り場を訪れ、PR活動を行った。自ら熊手と網を持って潮干狩りのパフォーマンスを行い、「地元で作った」とされるアサリのみそ汁や酒蒸し、串揚げ、唐揚げなどに舌鼓を打った。

 ただ、福島第一原発の事故以降、千葉県内では多数の食品から放射性物質が検出されており、出荷停止を無視した汚染野菜の不正流通や産地偽装事件が頻発。3月末には、飲用水から放射性ヨウ素131が検出されていた事実を一週間以上も公表しなかった不祥事も発覚しており、千葉県と県民に対する不信は増大している。

 潮干狩りについても「安全性が証明されていない」(観光協会関係者)、「義援金を看板にして、卑しさがみえみえ」(関係者)などの声も上がっている。アサリについては「潮干狩りのシーズン後に放射性物質が検出されたという公表が増えるのではないか」(土産物店店主)との憶測も広がっている。

 千葉県は3月24日から水産物に対するモニタリング検査の結果を公表しているが、アサリからは放射性ヨウ素と放射性セシウムが検出されている。ただ、千葉県は4月28日以降、検査の公表を控えており、漁協も「アサリのお味噌汁を1年間食べ続けた場合の試算」という紙片のみで安全性をアピール。だが、安全性に対する不安は拭い切れていない。

「潮干狩り場も汚染」の可能性

 金田から約20㌔の近距離にある千葉県市原市では連日、平常時を上回る放射線量が観測されている。4月28日には、市内の牧草から1㌔あたり70ベクレル(基準値の約3.3倍)の放射性ヨウ素と300ベクレル(同3.7倍)の放射性セシウムが検出されており、近隣の潮干狩り場が汚染されている可能性も否めない。

 原子力災害に詳しい専門家は、次のように語る。

 「(金田が)汚染された牧草地から20㌔も離れているからといって、潮干狩り場が汚染されていないというのは理屈にならない。(福島第一)原発から230㌔も離れた市原が汚染されているのだから、市原から20㌔の金田周辺も汚染されていると考えるのは当然だ」

 地元で水産関連事業を営む男性(40)は、「地元経済の死活問題にも関わるのでキャンペーンも知事のPRも理解できるが、客が来ないのは千葉に対する不信のあらわれとも言えるのではないか。今年は中止して安全に対する真摯な姿勢を見せるというのも選択肢のひとつだった。積極的なのは結構だが、世間の空気を読めていないからブランド価値を確実に下げてしまった。残念だ」と感想を述べた。

 県内の消費者団体職員は、「安全性が証明されていない以上、義援金をだしにした便乗商法と同じ」と県と漁協のキャンペーンを厳しく批判。「観光客の安全よりも金儲けを優先する姿勢にも怒りを感じる」と話した。

 チェルノブイリでの活動経験もある内科医は、「このような安易な経済活動の連鎖が内部被曝を拡大させる。千葉だけではなく、東京湾あるいはその周辺の潮干狩り場も危険じゃないとは言えない。貝類は生物濃縮という点で重視すべきものなので、行楽で潮干狩りに出かけたとしても、そこで採ったアサリを絶対に子どもに食べさせないでほしい」と話した。

金田漁業協同組合ホームページ
Tags:#千葉県民 #放射能汚染 #被曝






スポンサーサイト



鳥取空港




安い、朝一便・・・
の私たち。
 
 
四時半起きで
五時半に家を出て
六時半前に空港着いて
 
 
子どもたちは、車中で寝ていたので
空港着いても、ぼーっとしてます。
 
 
三朝じいちゃんに送ってもらい、

元気に、バイバイしてましたね。    
 
 
 
6日もいたのに
あっという間すぎる

羽田で遊んでます




8時半前に着き、
パスコカフェで、モーニング。
 
 
只今、展望デッキで遊んでます
 

ありがとうございます♪

最近の記事

カテゴリー

月別ブログ

FC2カウンター

プロフィール

saramama

Author:saramama
TAKAKO

鳥取県出身。
OLを経て、27歳の時に一心発起!!初めての県外進出と同時に美容業の扉をたたく。
H.10.2.26(株)ブルーム入社。
ブルーム研修、東京でエステスクールに通い基礎を学び資格取得。
岡山にエステサロン・サンパティークをOPEN♪原宿店勤務を経て退社。
派遣社員をしながら、気ままにのんびり・・子育てしてます♪
でしたが・・・あの震災以降、放射能による子供への影響が不安で実家に帰ってきています。

見て見て!リンク

フリーエリア

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」